リトルさんご夫婦は、私たちの住む駒ヶ根市中沢のお隣
「東伊那」と呼ばれる地域で果樹栽培をされています。
当園のオンラインショップでりんごジュースを取扱いさせて頂くことになり、
リトルさんのりんご園を訪ねました。

 

りんごの花の中でもひと際かわいい花を咲かせる”ブラムリー”

5月はじめ、りんごの花が満開。
赤い蕾がとってもかわいい。

 

中央アルプスの眺めが素晴らしい

駒ヶ根市内はどこにいても景色が美しいですが、
東伊那から見ると南北に視界が開けていてより素晴らしいです。

10種類ほどのりんごや生食用のぶどう、
ご自宅の庭にもさまざまな果実を育てていらっしゃいます。

 

葉っぱは取らず、農薬の使用を減らし、化成肥料は使わない。
出来るだけ自然に近い方法で栽培しています。

「日本は夏が暑すぎます」とイギリス出身のジョンさん。
イギリスと日本の気候の違いで、発生する虫も病気も全然違うのだそうです。
日本の高温多湿の気候は、病害虫が発生しやすい環境。
そんな中で減農薬に挑戦されていて、すごい事だと思います。

 

もぞもぞ…
じゃん!”りんご”ちゃんです。

当園の圃場のご近所なので、
よく愛犬りんごちゃんのお散歩に遭遇するんです^^

 

リトルさんのりんごジュースは2種類のりんごで出来ています。
りんごと言えば定番の「ふじ」と、酸味が特徴の「グラニースミス」。
グラニースミスは欧米では一般的な品種で、
主にアップルパイなどクッキング用に利用されています。

2種類を使ったジュースは、甘さの中にも酸味がしっかりあり、
とてもすっきりしていて飲みやすいです。
最近は専らお風呂上がりにゴクゴク飲むのがお気に入り。
例えば、お食事の際のノンアルコールドリンクとしてもおすすめです。
氷をたっぷり入れたグラスに注いで♩

 

いつも軽トラで通りがかるとニコッと微笑んでくれるおふたりです。
「リトルさんのリンゴジュース」ぜひ飲んでみてくださいね!

<ご注文はこちらから>
リトルさんのりんごジュース

 

うちのりんごを見てもらいました!

十文字ガルテンでは、信州で出会ったいいものやおいしいものなど
《みんなのいいもの》をご紹介しています。