2018-farm-jg

Farm & Fruits

十文字ガルテンのフルーツ
2018-grape-marche
美しい自然環境の中で

私たちの住む「駒ヶ根市」は、中央アルプスと南アルプスに挟まれた”伊那谷”の中央部に位置します。農園は市内を流れる天竜川左岸(東側)の標高約650~700mの地域にあります。美しい木曽駒ケ岳を望む自然味あふれるこの地域は、日照時間が長く、また2つのアルプスから流れ込む冷気により昼夜の寒暖差が大きいため、とても美味しい農産物が育ちます。

何事も観察から

植物を取り巻く自然環境は刻一刻と変化しています。あっという間に枝葉を伸ばすし、日照りが続けば打って変って雨続き…。人間の都合良くは行きません。日々圃場をまわってよく観察し、変化を見逃さない事がすべての基本です。

草生栽培と有機肥料による土作り

園内の環境を保つため「草生栽培」で栽培しています。そのため除草剤は不使用です。草を生やすことにより根が土をふかふかにし、土壌水分を調節してくれます。多様な生き物が共生することは、病害虫被害の軽減にもつながります。有機肥料を使うことも良い土作りに貢献しています。有機肥料の穏やかな力は土を活性化し、”樹”本来の生命力を引き出します。

農薬使用の考え方

長野県上伊那地域の防除基準を基に、生育状況を日々観察しながら独自に体系を組み「樹体の健康と生命維持」を目的に適切に使用しています。不要と判断した場合は使用しません。人と環境にやさしい農業を目指し、出来る限り農薬に頼らない栽培方法を追求・努力していきます。

取扱品目
十文字ガルテンの桃
8月上旬 あかつき桃

当園で一番早い収穫を迎えます。あかつき桃は、「白桃」と「白鳳」という2大品種を掛け合わせて生まれました。甘味と酸度のバランスの良い品種で、甘くさわやかな香りは夏の訪れを感じさせてくれます。

ぶどう
9-10月 ぶどう各種

日照時間が長く、雨の少ない気象条件は、ぶどうにピッタリ。昔ながらの定番「巨峰」から、種なしで皮ごと食べられる「ナガノパープル」や「シャインマスカット」など、現在8品種を栽培しています。

平核無柿
12月下旬 平核無柿(干し柿)

「平核無柿(通称:ひらたね)」という渋柿で、無燻蒸・天日干しの干し柿を作っています。柿の中でも糖度の高い品種でとっても甘い!お茶受けやお酒のおつまみにもおすすめです。

十文字ガルテン加工品
10月頃より随時 フルーツ加工品

自園産のフルーツを使用したジュースやドライフルーツなどを作っています。素材の風味や美味しさを活かした商品づくりに取り組んでいます。そのまま食べるのとは一味違った美味しさをお楽しみください。

comingsoon
COMING SOON その他のフルーツ

《クッキングアップル》や《いちじく》などを現在育成中です。樹がしっかり育つまで今しばらくお待ちください。