About Us

自給菜園の延長線上にある農業

南信州の豊かな里山に移り住み、夫婦で農園を営んでいます。葡萄・桃・柿を中心に、林檎や無花果、お米や野菜も少しだけ栽培しています。

私たちの原点は「美味しいものを食べたい」「身体に良いものを食べたい」「食べたいものを作りたい」「美味しいものを食べてもらいたい」というシンプルな発想にあります。”コツコツと小さいことから少しずつ…人や環境に優しい農業を心がけます”

2018-dry-jg
いつもフルーツがある暮らし

果樹を栽培して果実を生産することを軸に、いろいろな視点から見た商品作りを心掛けています。旬を迎えた美味しいフルーツの魅力を、暮らしの中の様々なシーンに落とし込んで行くイメージです。

新しいアイデアが湧いてきたら形にしてみる。失敗することもあるけれど、上手くいくこともあります。試行錯誤の中、フルーツの持つ魅力を引き出せたときの喜びは格別です。どんな商品が出来るか楽しみにしていてください。

農の中の私達の役割

十文字ガルテンの農地は決して好条件とは言えません。いわゆる「中山間地域」と呼ばれ、段々畑のように小さな農地が点在し、栽培面積に匹敵するくらい土手面積(=草刈面積)が大きいところもあります。ひとことで言えば「非効率」な土地柄です。

しかし、そんな地域だからこそ、何ものにも代えがたい美しい風景や自然が育まれています。中山間地域にはとても大きな魅力があるのです。そういった状況に真摯に向き合い、地域の魅力も一緒にお届けしたいと思っています。「人と自然と農」が共生できる持続可能なあり方を模索し実現して行きます。

logo_color_jp

「十文字」とは、妻の旧姓です。ちょっと珍しいこの名字と、ドイツ語の”garten=庭、菜園”をくっつけた名前。つまりは「十文字さんちの庭」という意味です。

農園も庭の一部と考え、美しくて気持ち良い空間にしたい。庭の手入れをするように、果樹園の手入れをしたい。「農と暮らしをつなぐ」そんな想いを、この名前に込めました。

Team Members
teammenbers
安藤 直人
代表・栽培責任者

神奈川県生まれ。アンティークジュエリー修復工房、設計事務所、建材や家具のリペア職人などを経験。2年間の農業研修後、果樹農家とて就農。ものづくりへのこだわりは人一倍。古民家が好きで「民家の学校」も卒業。農閑期や休日のほとんどを自宅の修繕に費やす、大の家好き。

teammenbers-2
安藤 里美
販売・WEB・バックオフィス担当

岩手県生まれ。夫と共に農作業をしながら、事務・経理・ITを主に担当。このサイトやブログなどの管理人です。保存食やパン・お菓子作りが趣味。最近は、家庭菜園と庭作りも楽しんでいる。二級建築士。*ブログ「辿燈虫」(てんとうむし)

事業概要

名称
十文字ガルテン
代表:安藤直人

所在地
399-4231 長野県駒ヶ根市中沢2538
※観光農園(桃やぶどう狩り)や直売形式での販売は行っておりませんが、ご予約商品の直接お引き取りは対応しております。

連絡先
tel: 0265-98-0910 fax:0265-98-5068

※作業中は電話に出られないことがありますので、お急ぎでない場合は【CONTACT】よりご連絡をお願いいたします。
※お電話でのお問い合わせで留守番電話に切り替わった場合には、【お名前・お電話番号・ご用件】を録音してください。後ほど折り返しご連絡させて頂きます。

営業時間
9時~17時

定休日
土日祝(農繁期は不定休)

オンラインショップ
ウェブサイト:  http://j-garten.com/
オンラインショップ: https://j-garten.shop-pro.jp/
*季節のフルーツや、フルーツ加工品の販売を行っております。